妊娠線の予防

油断せずにケアをしよう

ninshinsen

妊娠するとお腹が大きくなるという体の変化だけでなく、「妊娠線」が目立つようになるという人がいます。妊娠線とは、お腹が大きくなり体重が急激に増える時期に出来やすいと言われています。これは、お腹が大きくなり皮膚は急激に伸びますが、表皮が伸びやすいのに対し皮下組織の一部は伸びにくく亀裂が生じてしまうことによって赤紫色の線が現れてしまうという症状です。お腹だけでなく太ももや胸、お尻等脂肪のつきやすい部位に現れることがあります。産後は赤色が薄くなり白くなっていきますが、光が当たるとテカリが出る等、一度出来てしまうと元の肌の状態に戻るのは難しいと言われています。出来れば、妊娠線が出来ないよう予防して綺麗な体をキープしたいですよね。妊娠性を予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

妊娠線はもともと太り気味で皮下脂肪が厚く伸びにくい人や、乾燥肌で潤いが少ないために肌の柔軟性が乏しい人がなりやすいと言われています。arrow予防法の一つ目は、体重をコントロールすることです。あまり急激に体重が増加すると、真皮や皮下組織が表皮の伸びについていけずに妊娠線が出来てしまいます。バランスの良い食事を摂ることと、カロリーの高い食べ物を控えること、ウォーキング等の無理のない運動をして脂肪を燃焼することがお勧めです。体重の増加は10kg以内になるよう抑えるよう心がけましょう。

 

arrow二つ目の予防方法は、妊娠線専用のクリームやオイルで肌の保湿ケアを行うことです。肌を保湿して柔らかい状態を保つことで、真皮や皮下組織を伸びやすくすることができます。クリームを塗る時にマッサージをするということも併せて行うのも効果的です。血行が良くなり、新陳代謝が良くなることに繋がるので、柔軟でハリのある皮膚への導きます。

 

クリームでケアして妊娠線が出来なかったと油断していると、臨月になって突然現れたという人もいます。妊娠線は赤ちゃんを授かった証ですが、「美しい体をキープしたい」、そんな方は無事に生まれるまで油断せずにケアして予防することが大切です。

ベルタ妊娠線クリームの効果と特徴

datumo

「妊活」という言葉が一般的になってきましたが、最近は「妊娠してもオシャレを楽しみたい!」とか、「産後も美しい体をキープしたい!」という女性が多いようです。しかし、妊娠中に出来るとずっと消えないと言われる、「妊娠線」が心配ですね。妊娠線は、赤ちゃんが成長してお腹が大きくなる時、表皮は伸びやすいのに対して皮下組織や真皮は弾力性が少なく伸びにくいため、伸びについていけなくなった皮膚に亀裂が入ってしまいます。妊娠中は赤紫色の線が入り、産後は白っぽく変化しますが、一度出来てしまうと完全に元の肌に戻すことが難しいと言われています。お腹だけでなく太ももや胸、二の腕等、脂肪のつきやすい箇所に出来る可能性があるので、見えるところに出来てしまうとショックですよね。妊娠線が出来る原因として考えられるのは、急激な体重の増加や、肌が乾燥して皮膚の弾力が失われていること等です。美しい体をキープするには、まず妊娠線が出来ないよう予防することが大切です。

 

妊娠線の予防方法としては、体重をしっかりコントロールすることと、クリームを塗って肌を保湿することです。妊娠線を予防するクリームとして注目されているのが「ベルタ妊娠線クリーム」です。雑誌や妊婦のバイブルとして有名な「たまごクラブ」、妊娠情報サイト等、様々な媒体で取り上げられており、ランキングサイトでも入賞しています。どうしてこのように注目されているのか、ベルタ妊娠線クリームの効果と特徴について紹介します。

 

arrowベルタ妊娠線クリームには、妊娠線に効果があるとされいる「シラノール誘導体」という成分を含んでいる上に、ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンという3種類もの美容成分が配合されています。高品質の美容成分で保湿効果ばっちりです。更に他の妊娠線用クリームにはなかなかない、アミノ酸やビタミン等の潤い効果のある成分が5種類も配合されているというのも特徴です。パラベンやエタノール等8種類無添加で肌に優しく、無香料で匂いに敏感なつわりのある時期にも使いやすいところが良いですね。妊娠線予防のためのクリームを探している人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

女性のための最新トピックス

 

陰毛の脱毛。エステで処理する前に知っておこう!(公式サイト画像)

 

陰毛の脱毛。エステで処理する前に知っておこう!
http://www.i-n-mo.com/

 

デリケートゾーンをお手入れする女性が急増!?
下着から陰毛がはみ出るのは、恥ずかしい。。
脱毛するならミュゼやプリートで、きれいに永久脱毛するのがおすすめです。