正中線

出来る原因や予防方法は

妊娠後も綺麗な体をキープしたい!という思いは、妊婦の誰もが持っていると思います。妊娠すると皮膚が急激に伸びることで出来る、皮膚のひび割れのような妊娠線については良く知られており、出来ないよう予防するという人が多いようです。実は妊娠線だけでなく、正中線というものがあるのをご存知でしょうか。妊娠線は一度出来たら消えないと言われていますが、正中線は時間が経てば消えると言われています。ただ個人差があり、何カ月、何年と経ってもなかなか消えない、薄くなったけどまだ残っているという人もいるようです。自然に消えると思って何もしていなかったら、なかなか消えなくて温泉やプールに行けないと困っている人もいます。正中線とは一体何なのか、出来る原因や予防方法について紹介します。

 

ninshinsen

正中線とは、お腹の真ん中、へその上下に縦に伸びる茶色い線のことです。妊娠中だけでなく、人には皆、生まれた時から正中線が元々あるのです。正中線にメラニン色素が集中することで茶色くなるのですが、それが薄いか濃いかに個人差があります。人によっては小さい時から正中線がある人もいれば、妊娠していなくてもホルモンバランスが変化することで正中線が現れる人もいます。妊娠して出来やすいのは、ホルモンバランスの変化の影響があるからです。妊娠するとホルモンが変化してメラニン色素の分泌が多くなります。分泌されたメラニン色素が正中線に集中することではっきりし始めるのです。産後、時間が経つとメラニン色素の分泌がおさまることで薄くなるとも言われていますが、なるべく残したくないですよね。正中線が出来てしまった場合は、ボディクリームや美白クリームを塗って薄くしていくという方法が有効です。

 

そもそも正中線が出来ないように予防するには、妊娠線の予防と同じでクリームを塗ることが効果的です。妊娠線用のクリームも正中線に効果があるようなので、クリームで妊娠線も正中線も予防していきたいですね。